お知らせ・レポート

2016.12.18
【今月の落語家さん】

1月は浪曲の瑞姫師匠です。

1月は、昨年初登場し大好評を博した、浪曲の瑞姫師匠の独演会です。

ライフワーク≪任侠流れの豚次伝≫の第一話と第二話を演じます。

豚次誕生から男を磨く旅に出る顛末は、まさに感動の一編。

【演目】
任侠流れの豚次伝(三遊亭白鳥・作)より、
第1話『豚次誕生秩父でブー。』
第2話『上野掛け取り動物園』

※浪曲解説ミニコーナーあり



●瑞姫(たまき)

1993年9月、浪曲師 太田 英夫(現:二代目 東家浦太郎)に入門。
同年12月23日、「太田ももこ」の芸名で初舞台。

1997年4月、東京芸術劇場中ホールにて名披露目公演。これをきっかけに積極的に全国で活動。

  • テレビ・ラジオにも多数出演。
  • 浅草 木馬亭、横浜 にぎわい座 など全国の舞台で活動。
  • 浪曲劇の試み、勉強会開催、浪曲教室講師も務める。
  • さらなる高みを目指して、浪曲師 松平洋子に師事。

2011年「太田ももこ」改め「瑞姫 -たまき-」と改名。

タイトル 第72回 東京大神宮「十七日寄席」~瑞姫の≪浪曲版・任侠流れの豚次伝≫~
日時 平成29年1月17日(火) 開場:午後6時30分 開演:午後7時
木戸銭 予約2,000円 当日2,300円
出演 瑞姫

コメントする

*は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.adliberty.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/397